高速鉄道の幕を開けたこだまの存在